牛肉のおいしい産地や国内ブランドとは?

牛肉のおいしい産地や国内ブランドとは?

日本では、牛肉の消費量が非常に多いです。
ハンバーガーやハンバーグステーキなど外食すれば必ずレストランでは肉類のメニューを見ることが出来るのです。
そして豪華に食事したい記念日や誕生日では、鉄板焼きやステーキ、すき焼きに焼き肉を外食する人も珍しくありません。
さらにお中元やお歳暮でもお世話になった方や上司、恩師などに粗品としてブランド牛肉を贈る人もいるのです。
日本の牛肉のブランド牛肉とはどんなものがあるのか気になる人も多いでしょう。
日本の三大といわれるものには、神戸ビーフに松坂牛、近江牛を上げることができます。
しかしこの三つだけがおいしく他の追随を許さないというものではありません。
仙台牛や宮崎牛、佐賀牛など日本各地の牛の産地もたくさんあり、その土地その土地の特色や特徴があるものなのです。
肉のさしの入り方、やわらかさに弾力、脂の甘みなどは飼料や生育方法や気候風土によっても大きく変わってきます。

牛肉なら神戸ビーフが最高のブランド

牛肉は日本人が非常に好きな食材です。
豪華に食事をしたいときには必ずと言っていいほどすき焼きやステーキを食べるのです。
そして記念日や誕生日、お祝いの席でも豪華な鉄板焼きなどのフルコースを頂くこともあります。
まさに牛肉は晴れの日の食事メニューであり、老若男女楽しむことが出来る料理でもあるのです。
特にこうした晴れの日にふさわしいのが神戸ビーフです。
もともと黒毛和種の祖先は兵庫県の但馬地方に生息する但馬牛であり、神戸牛はその血をダイレクトに受け継ぐ品種でもあるわけです。
神戸ビーフという名は、もはや日本だけにとどまらず世界でも認知されている高級ブランドなのです。
肉質は非常に柔らかく適度な弾力もあって、さしが非常に良い塩梅で入っていて舌にのせると脂が自然に溶けていくんです。
その脂も甘みが強く、最高クラスの味わいです。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の具体的な調理法や基本知識

このサイトは出来るだけおいしく食べたい人必見の、牛肉の具体的な調理の仕方や基本知識を紹介しています。一口に牛肉といっても、様々な調理法や産地・ブランドがあるのが特徴です。牛肉で最もおいしいとされている部位はどこなのか、という気になる情報も解説しています。これらを知っておけば日々の食卓がより豊かになる可能性があります。

Search