出来るだけおいしく食べたい人必見!牛肉の具体的な調理法や基本知識を紹介!

このサイトは出来るだけおいしく食べたい人必見の、牛肉の具体的な調理の仕方や基本知識を紹介しています。
一口に牛肉といっても、様々な調理法や産地・ブランドがあるのが特徴です。
牛肉で最もおいしいとされている部位はどこなのか、という気になる情報も解説しています。
これらを知っておけば日々の食卓がより豊かになる可能性があります。

出来るだけおいしく食べたい人必見!牛肉の具体的な調理法や基本知識を紹介!

香りと旨味が味わえる牛肉をよりおいしく食べたいという人は多いのではないでしょうか。
そのようなときには牛肉の調理法の知識を押さえておきたいものです。
牛肉を調理する時には、事前に下ごしらえをしておくとよりおいしく出来上がります。
例えば煮込み料理の場合には下茹でしておくのがおすすめです。
硬い牛肉の場合には繊維をカットするように切ったり筋切りをしたりしておきます。
また焼くときには加熱しすぎないようにします。

牛肉はカッティングが基本!おいしく食べたいなら肉を切る方向に注意しよう!

料理を美味しく作れるかは味付けに左右される所が大きいですが、ワンランクアップを目指すなら少しの手間を惜しまないことが重要です。
下準備をしっかりとすることで料理の腕が何倍にも上がるので、是非面倒くさがらずに一手間をかけることをおすすめします。
牛肉を美味しく食べる為に必要なのがカッティングです。
牛肉に限らずお肉には筋繊維が長く伸びていて、これが噛んだ時に硬く感じる原因です。
筋繊維は加熱しても残るのが特徴で、食べにくく感じやすいです。
カッティングの方向は繊維に対して垂直に包丁を入れるのが正解です。
そうすることで筋繊維を断ち切ることが出来て、柔らかく食べやすくなります。
とは言ってもお肉の形状によっては、筋繊維が見つけにくい場合もあります。
上からや横からなどよくお肉の形状を見て、垂直に包丁を入れれば大丈夫です。
この一手間をかけることで、お肉は最高の状態で食べることが出来ます。

牛肉を食べる時の基本中の基本!赤身と脂身の境の筋切りで柔らかくおいしいお肉になる!

日本人の牛肉の消費量は世界でも多い方だと言われてます。
とくに日本でも西日本地域は牛肉の消費量が多く、カレーでさえもビーフ肉を入れコクの深い料理として食卓に並ぶのです。
日本には和牛というものが存在し、ブランド牛も数多く存在してます。
神戸ビーフに近江牛、松坂牛が日本の三大ブランドと言われ、柔らかい肉質にジューシーでありながら胸焼けを起こさないさらっとした脂で、甘みも強く人気があります。
しかし庶民の食卓にこうした高級ブランド肉が並ぶことはめったにありません。
そのかわりオーストラリアビーフやアメリカ牛などが食卓に並ぶのです。
しかしこれらのお肉は赤身が多く硬い傾向にあるため、やわらかくおいしいお肉にするために少し手間を加える必要があります。
赤身と脂身の境にある筋を切るという筋切りだけで、格段に柔らかい歯ごたえに変容します。
さらに調理棒で肉をたたくことも有効です。
野菜の酵素を利用してマリネにしておくことで、さらにやわらかい肉になります。

牛肉のドリップは調理前に必ずキッチンペーパーで拭きとるのがおいしくなるコツ!

牛肉を調理する際に発生するいわゆるドリップは、調理前にキッチンペーパーで拭きとる一手間が、おいしくなるコツだといえるのではないでしょうか。
ドリップは冷凍肉を解凍する時に必ず発生するもので、高級な牛肉も例外ではないです。
薄いながらも赤色混じりなので血液と勘違いされますが、これは水分に栄養素や旨味成分が溶け出したものです。
ところが、調理しても旨味成分はおいしさに寄与せず、逆に生臭さを強める原因になってしまいます。
調理前にキッチンペーパーで拭きとる工程は、牛肉の生臭さを取り除き、料理をおいしく仕上げるひと手間となります。
ドリップの発生量が増えると、その分牛肉の食感が落ちてしまうので、基本的にはなるべく発生させないことが大切です。
しかし避けられない以上は可能な限り早く下ごしらえを始めて、出てしまっているものは丁寧に拭き取り、それから筋切りや下味つけなどをして調理を始めるのが正解ではないでしょうか。

牛肉オンラインショップの人気ランキングでおいしい産地やおいしい部位を学習しよう!

今ではインターネット通販でいろんなものを買い求めることが可能となりました。
食品も例外ではなく、牛肉専門のオンラインショップも人気を博しているほどです。
そこでここでは、牛肉を取扱うオンラインショップで人気ランキングに含まれている和牛や、美味しい部位について学習していきましょう。
ランキングで常に上位を占めているのは、サーロインとリブロースの2か所です。
サーロインはステーキにすることができ、リブロースは一般的にはカルビと呼ばれている部位です。
この2つは1キログラムあたり約1900円で購入することが可能となっています。
牛肉の産地では神戸・但馬が支持されており、一種のブランド和牛と呼ばれるものです。
神戸ビーフは和牛の元祖でもあり、非常に引き締まった赤身と脂身のバランスの良さが魅力になっています。
部位ではサーロインで味わうのが理想的で、シンプルに塩のみの味付けで食べてもいいものとなっている肉です。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の具体的な調理法や基本知識

このサイトは出来るだけおいしく食べたい人必見の、牛肉の具体的な調理の仕方や基本知識を紹介しています。一口に牛肉といっても、様々な調理法や産地・ブランドがあるのが特徴です。牛肉で最もおいしいとされている部位はどこなのか、という気になる情報も解説しています。これらを知っておけば日々の食卓がより豊かになる可能性があります。

Search